2018.4.27-2018.5.6 モロッコ① マドリード カサブランカ シェフシャウエン

2018.04.27

今年のGW、行き先は以前より候補に挙がっていたモロッコに決定。

今回も中国国際航空を利用。理由はもちろん安いからw
金曜の仕事後に羽田から出国し、一旦北京へ。(北京空港常連)

飛行機から見下ろす夜景が素晴らしかった。
たまたまディズニーランドのショーと花火も見られました。

北京で乗り継いでマドリードへ。
マドリードには朝の7時頃到着。

モロッコではお酒が手に入りにくい…との情報があったので事前に1杯いただくことに(笑)
空港内の「Enrique Tomas」にて、朝ビール&朝生ハム。


最高に美味い。
スペイン最高!!

マドリードからはイベリア航空にて、モロッコのカサブランカ空港へ向かいます。
2時間程のフライトで午前11時過ぎにモロッコのカサブランカへ到着。

すぐに荷物ピックアップ、空港内のATMでキャッシングをしてタクシーでバスターミナルへ。
CTMという長距離バスでカサブランカからシェフシャウエンを目指します。

実はこのカサブランカからシェフシャウエンまでの移動が今回の旅で最も悩んだところ。

カサブランカからシェフシャウエンまでの移動方法は主に3通りあり、

①CTMバスでシャフシャウエンまで直通。しかし1日に1便のみで13時半発。

②電車でタンジェかテトゥアンまで行き、そこからグランタクシーという長距離タクシーで向かう。

③カサブランカ空港からシャウエンまでグランタクシーで向かう。しかし値段はかなり高くなると思われるので極力避けたい。

価格、時間、便利さの全てにおいて①の直通バスがベストですが、飛行機の到着時間から2時間ほどしかなく、バス停までの移動を考えると間に合うかどうか微妙だったので、チケットは当日買う予定でした。

結果的に飛行機も定刻で到着したのでなんとか間に合いそう。

空港を出てCTMのバスターミナルまでのタクシーを交渉したところ、350DHでした。
相場は300DHくらい?ということでちょっとボラれたかも?どうやら私達が交渉したのはプチタクシー(短距離タクシー)ではなくグランタクシー(長距離タクシー)だったので高くなってしまったようです。
まぁとりあえず今日の目標はバスに乗ってシェフシャウエンに行くこと。
多少のぼったくりは目をつむりましょう。

…と思ったら、タクシーの運転手、こちらが告げた場所と違うところで降ろそうとする。なんとそこはCTMバスのオフィス前。やり方がセコイw
ここじゃないと告げるも、バスターミナルまでならもっと払えと主張してくるドライバー。
何度交渉してもラチがあかないので「それならここで降りるけど金は払わない!」と突っぱねると、何やら怒りながら「いいから乗れ!」と言ってくる。
そして「お前はクレイジーだ!!」と怒りながら叫んでくる。w

そんなクレイジーなドライバー、言い争いの後から明らかに運転が荒くなりましたが、なんとかバスターミナルに到着。

噂には聞いていたけど、、、

モロッコ人、マジでウゼェーーー!!!

って先行きが不安になりましたが、後にも先にもここまでクレイジーな野郎はコイツだけでした。
モロッコ人こんなんばっかりかと思ってしまったけど安心した。

ターミナルに到着したのは13時前。
とりあえず13時半のチケットを買いに窓口へ。
…が、なんと本日のチケットはソールドアウト。

マジかぁ〜!事前に買っておけばよかった。。。てかこの人気路線でなんで1日1本しかないんだよ…。もっと本数増やそうぜ…。

と嘆いたところでバスには乗れません。

そこで代替案としては②の電車です。
こちらの方が時間もお金もかかるのですが、背に腹は変えられない。

ONCF(モロッコ国営鉄道)で、一旦タンジェまで向かいます。
ちなみにカサブランカの鉄道駅はCasa VoyageursとCasa Portの2つあるのでご注意を。
(我々は間違えて時間ロスしました。)

カサブランカ→タンジェの電車、1番近い時間でも15時半発。
13時半がニアミスで行ってしまいました。
チケットカウンターも結構な行列で時間かかります。
チケットは無事買えたものの、電車の時間まで2時間弱も…。

とりあえずバスターミナル付近のレストランで腹ごしらえ。
閑散としておりお店も少ない…モロッコ料理屋も特に見つからず、ケバブのお店へ。
テラス席にいましたが、まぁモロッコの寒いこと。
ろくに下調べもせず「アフリカ」という言葉を信じて夏仕様の服ばかり持ってきましたが、完全にミスチョイス。今回学んだこと。「アフリカも寒い

さて、時間も近づいてきたので駅へ向かいます。

モロッコは猫が多いとのことですが、駅にも早速猫が。

人懐っこいよね~。

ホームには多くの人が。

乗る列車がこちらになります。


うーん、ぼろい。(笑)

座席指定の一等席と自由席の二等席があり、今回は二等席で。
席の写真を撮り忘れてしまいましたが…個室になっており対面スタイル。
モロッコ人ファミリーと相席に。

5時間の長旅です。
爆睡。

世界の車窓から。

すっかり日は沈み、予定の20時20分をオーバーしましたがなんとかタンジェに到着。

タンジェからシェフシャウエンまでは車で約2時間。
グランタクシー(長距離タクシー)で行くことになるのですが、さてどうやって捕まえようか。
時間も遅いし、ぼったくられるのも目に見えてるし。あんまり現金持ってないし。。。

周囲を見渡してみると我々には縁のない高級ホテル「Hilton」の文字が目に入り…とりあえずタクシーを手配してもらえないかフロントで交渉してみることに。

さすがはちゃんとしたホテル。
イケメンのスタッフさんがタクシーを手配してくださり、しかも価格も交渉してくれて深夜にも関わらず750dhsとそんなに高くなかった。ありがたや~。

皆さん、もしタンジェで困ったらぜひHiltonへ!

そしてなんやかんやタクシーに乗れたのが21時半頃。
途中で事故渋滞もあり、シェフシャウエン到着が0時近く。
運転手さんはとてもいい方で、ほんと最初のクソ運転手はなんだったんだと思ったモロッコ初日でした。

宿泊先は「Riad Zaitouna Chaouen」
深夜にも関わらず暖かく出迎えてくださり感謝。

洗面所も可愛らしい。さすがモロッコ。

流石にこの長距離移動は疲れた…

モロッコは交通が発達していないので移動はかなり不便です。まぁそれも旅の醍醐味ってことで楽しみましょう。

明日は日本人にも人気の青い街、シェフシャウエンを観光します。

ABOUT ME
アバター
chatran
旅を愛する30代の外資系サラリーマン。 世界中を旅するのが夢です。 自由に生きるため、日々投資も勉強中です。