2019.10 スイス一人旅 1日目

今年の10/19〜27に急遽9連休を取り、まだ行ったことのないスイスへ旅に出ることにした。

スイスと言えば雄大な大自然とそれに沿って走る鉄道からの車窓を楽しめる国。

ただし、この時期のスイスはオフシーズン、一部の路線や観光地も閉まっている箇所もあるが、人は少なく落ち着いて旅ができる。また紅葉はすでに始まっており素晴らしい景色を楽しむ事が出来た。

スイスは山岳地帯が多い為、気温は日本の12月頃の水準の気温で結構寒い。という事で防寒対策は必須である。

 

さて、スイスと言えばよく聞くのが「物価が高い」。という事で少しでも費用は抑えたい。そこで費用の大部分をしめる航空券代を節約するのが大切。せっかくなので溜まりに溜まっているマイルを使って特典航空券で行きたい!ということでパリ行きの往復を取り、スイスまでの移動を別で手配した。

1日目 羽田→パリ→ジュネーヴ

10/19の11:45羽田発、17:10にシャルル・ド・ゴール空港着。そのままジュネーヴまで乗り継いで21:55着。最初はパリからジュネーヴまでTGVで移動しようと考えたが、空港からリヨン駅までの移動を考えると間に合うかが微妙だったことと、飛行機との値段が意外にあまり変わらなかったこと、そして翌日朝から活動したかったので空路で移動することに。

シャルル・ド・ゴール空港内で時間を潰す。

FRESH JAPANESE FOODという回転寿司店

ジュネーヴ空港に到着すると荷物をピックアップして今夜の宿へ向かう。

実は空港から市内まで無料で移動する方法がある。荷物を受け取るフロアに「Tickets」と書かれたオレンジ色の機械があり、交通機関が無料で乗れるチケットが手に入るのだ。

矢印の所のボタンを押すとチケットが出てくる。

このチケットは発券から80分間有効のよう。まぁ十分でしょう。

電車に乗って市内へ移動。一駅。

本日の宿はジュネーヴ中央駅から徒歩10分ほどのGeneva Hostel。ドミトリー(朝食付)でCHF38/泊。物価の高いスイスではこういうところで少しでも節約する。

サクッとシャワーを浴びてすぐに寝て翌日に備えましょう。

ABOUT ME
アバター
chatran
旅を愛する30代の外資系サラリーマン。 世界中を旅するのが夢です。 自由に生きるため、日々投資も勉強中です。