2018.03.09-2018.03.19 ペルー・ボリビア⑧ チチカカ湖 ラパス

2018.03.16

今日はあいにくの空模様ですが、チチカカ湖への日帰りツアーへ行ってきます。

この日のガイドは7ヶ国語喋れるボリビア人大学生のアレハンドロ。
もちろん日本語も堪能。見た目はちょっとヤンチャ系w

まずはチチカカ湖近くにある半島の「コパカバーナ」へ。
ラパスから車で3時間ほどの道のり。

イカダみたいなボートに車を乗せて向かいます。

そのうち街が見えてきました。
まずはカテドラルを見学。

繊細な装飾が美しい外観。
今日は曇り空ですけど、晴れていたら白い建物が映えそう。
内部は撮影禁止です。
様々な国のマリア様が祀られていました。

天気が悪いせいか、島内は少し寂しい様子。


ホテルが結構多いんですね。
観光に力を入れているのかな。

コパカバーナから太陽の島へはボートで向かいます。

・・・船酔いだ。

お腹の中がシェイクされて気持ちが悪い。
小型の船だと酔うのは分かっていたはずなのに、酔い止め忘れました。
船苦手な人は対策していった方がいいですよ。けっこう長時間乗るので。
船酔いに負けずに「太陽の島」観光へ。
(すでに力尽きそう)

チチカカ湖は標高3,890mと、かなり高いところにあります。
太陽の島に降りてすぐ、200段近い階段が。

サイドに立っているのはインカ皇帝の像。

標高が高いと5段くらい上っただけですぐに息が切れる。

息を整えながらゆっくりと上ります。
ガイド君は流石、ヒョイヒョイ進んで行くんですよ、すごいね。

途中にあった湧き水。
若返りの水とか言われているみたいですよ。

階段の上から見るチチカカ湖。
曇っていてどこまでが湖なのかよくわからない。(笑)

ひたすら湖。

島内にも石造りの遺跡がたくさんある。

この日は雨のせいか、観光客は少なめ。
というかほどんど会わなかった。
すごーく静か。

ランチは島のローカルホテル兼レストランでいただきます。

この量の多さ。(3人前)

リャマ肉のハンバーグが美味かった。
湖で取れる魚も。
あとはチヂミみたいなのも。どれも美味しい。

風呂敷みたいな布を開けると、ジャガイモやトウモロコシやバナナがごろん。

黒いジャガイモは歯ごたえが強め。
ウユニのローカルレストランでもこんな感じだったけど、丸ごと提供するのがボリビアスタイルなんですかね?
豪華料理を目の前に、この後乗るボートのことを考えるとあまり食べられない我々。
結構美味しかったのに、もったいない。
今後はちゃんと船酔い対策しておこう・・・。
帰りは同じルートで、コパカバーナ経由でラパスへ戻ります。

帰り際に寄った展望台からの景色。
この頃には雨が上がり、少し日が差していました。

主に畑。

帰りは道路が大渋滞するとのことで、途中ロープウェイに乗り換え。
青→赤のレーンを乗り継いでラパスまで戻ります。

ロープウェイから眺めるエルアルト地区。

ラパスは標高の低い谷のような所にところに富裕層が住み、標高の高いエルアルト地区は少々貧しい人たちが住んでいます。
アレハンドロ曰く、ここ(エルアルト)が本当のボリビア、とのこと。

ロープウェイのエルアルト駅。
標高4,095mです。

赤のロープウェイに乗り換えてラパスへ。

この眺めはすごい!
ボリビアに来たらロープウェイには乗らないとですね。

船酔い辛かったけれども、無事にラパスに到着。
ここからはタクシーでホテルへ。
最後の街歩きをしたかったけれども、船酔いダウン。
少し仮眠をとり、ホテルで最後の晩餐です。

明日はいよいよボリビアを発ちます。

ABOUT ME
アバター
chatran
旅を愛する30代の外資系サラリーマン。 世界中を旅するのが夢です。 自由に生きるため、日々投資も勉強中です。