2018.08.10-2018.08.19 ギリシャ旅行① 香港、カランバカ

2018.08.10
今年の夏休みは青い海に白い家で有名なサントリーニ島や奇岩群の頂点にそびえる修道院メテオラなどの見どころを有するギリシャに行ってきました!
いつも通り安い航空券を探したところ、成田→香港→アブダビ→アテネというルートになりました。時間はかかるけどね。。。
まずは香港で乗り継ぎ時間が5時間弱あるので街中に繰り出すことに!しかし!香港着の便が遅れて4時間ほどしかなくなってしまいました、、、でもせっかくなら街中に行きたいということで弾丸で観光することに!
まずはエアポートエクスプレスで九龍駅へ。往復100ドル。(チケットにはなぜか105ドルと書いてある。。。)このカウンターではクレジットカードも使えます。
そこから無料のシャトルバスが出ているので尖沙咀へ。いくつかのホテルに止まるので好きなところで降りたらいいと思います。
我々はネイザンロードのすぐ近くのホテルで降りて、早速街歩き開始。まずは小籠包の有名店「祥興記」で頂きます。
4個入りで32ドル。
それから道を挟んですぐのところにあるお店でマカオ式エッグタルトを頂く。
1個10ドル。
これがめっちゃ美味かった!また食べたい!帰りに香港式と食べ比べしようかな。
それからマンゴースイーツのお店「許留山」でマンゴードリンク(1杯43ドル)をテイクアウト。濃厚でうまし!
フェリー乗り場へ向かう。
飲みながらフェリー乗り場へ向かう。
そこからスターフェリーにて香港駅側に渡ります。
香港駅側は都会感が溢れています。夜は綺麗だろうなぁ。
ちなみにフェリーは1人2.7ドル。安い!!ここは現金だけっぽい。
そこからエアポートエクスプレスで空港に戻り弾丸ツアー終了。九龍までの往復だったので1人5ドルで香港駅からに変更できました。
無事にイミグレを通過して空港内をブラブラしていると、免税店の中になにやらオシャレなバーカウンターが。しかも無料で飲めるとのことで私はジントニック、連れはモヒートを頂きました。
試飲なのに量が多いw
それからアブダビに向かいましたが、この便も1時間程遅れ、待ち時間はほぼなくちょうどいい感じになりましたw
空港に到着してイミグレを通過、荷物をピックアップしたら早速タクシーでアテネ中央駅へ!本来はバスや地下鉄が安いのは知っていたのですが、今回は8:20の電車に乗らなければならず時間に余裕が無かったのでタクシーを選択しました。40分ほどでラリッサ駅に到着。47ユーロでした。ちなみに街中なら一律38ユーロらしい。
電車待ちの間に軽くパイを食べて、ホームへ向かう。
ホームには既に人がいっぱい!
なぜかエスカレーター止まって荷物が放置してあるw持ち主どこいったw
無事に乗り込み、ほぼ時間通りに出発!ギリシャなのに時間守るなんて意外w
一等車で6人一室みたいな感じでした。
うちら以外に、中国人の親子と、ギリシャ人らしきカップル。1人往復で34.8ユーロでした。
車内はかなり寒いので防寒対策必須です!
カランバカに到着し、徒歩で約8分ほどで本日のホテル「METEORA CENTRAL HOSTEL」へ。
チェックインしたら早速昼飯に向かいます。
ちなみにギリシャでの食事場所としては、レストラン以外にもTAVERNA(タベルナ)というレストランよりも少し安めだけど美味しい食べ物やお酒を楽しめるお店が多くあります。
我々は今回の旅中ほとんどタベルナで食事をとりました。
本日の昼飯はここ!
まずはギリシャビールで乾杯!
この大きくAと書かれているビールは「AΛΦA(アルファ)」というギリシャではかなりポピュラーなビールらしく、この後も色々な場所で見ました。すっきりしていて美味い!!
でもギリシャ語難しくて読めない!w Φなんて他の国ではまず見ないもんねw
最初は「アァ~シャ?」とか呼んでたw
そして食べ物は「Greece Salad(ギリシャ風サラダ)」(かなりトマト多め)と、
「mousaka(ムサカ)」というグラタンみたいな料理と、
「soubouraki(スブラキ)」という肉料理をオーダー。
特にこのスブラキはかなり美味い!今後、好きな食べ物は?と聞かれたら「スブラキ!」って答えるかもしれませんw
食事の後は街中を少しブラブラし、スーパーで今夜ホテルで飲む為のお酒を調達してから宿に戻りました。
16時に宿へ迎えがきていよいよ「メテオラサンセットツアー」へ出発。
メテオラは各場所が少し離れているので、基本的に車で回る事になります。自分で車を借りて回るか、当日現地でタクシーチャーターを交渉しても良いと思いますが、我々は車を探す時間の節約や長時間の移動で疲れていると予想される中で色々と気を遣うのも嫌だったので、事前にツアーを申し込んでおきました。今回お願いしたのは「visit meteora」というツアー会社。現地に店舗もあり、宿やお店にもパンフレットがあったので、おそらく現地で最も有名なツアー会社だと思います。
料金は2名で60ユーロでした。一人で申し込むより少し安くなる模様。
日没は20時過ぎなので、それまでいくつかフォトスポットへ止まったり、修道院を訪問したりします。 
道端に突然ヤギがたくさん出没。
これは11世紀に出来た教会とのこと。
元々は街中に歴史ある建物がたくさんあったようなのですが、第二次大戦中にナチスドイツにほとんどが焼き尽くされてしまい、この建物が唯一残っている物なのだとか。
戦争によって昔からある貴重な物・素晴らしい物が見れなくなってしまうのはとても悲しいですね。。
教会の中には世界の終わりを描いた壁画があり、一風変わった様相です。
昔は修道士がこの穴の中で暮らしていたとのこと。
これも修道士の居住地の跡。凄い場所にあります。
最後に夕日が見えるスポットへ。
あいにく雲が厚く日が沈む最後までは見れませんでしたが、とても落ち着いていて綺麗な場所でした。
21時頃に街の中心部で下ろしてもらい、早速夕食へ向かう。
メテオラで造られた地ワインを飲みながら、サラダとラム肉を堪能しました。
明日も引き続きメテオラを観光します!
ABOUT ME
アバター
chatran
旅を愛する30代の外資系サラリーマン。 世界中を旅するのが夢です。 自由に生きるため、日々投資も勉強中です。