2019.12-2020.01 ミャンマー一人旅 4日目

4日目 バガン

本日は一日バガン観光。

朝食を食べてから午前中は1人でオールドバガンを廻る。

まずは「アーナンダ寺院」へ向かうと、近くにペイントタトゥーがあったので早速やって貰った。

真剣な眼差しで丁寧に描いてくれた。(でも防水スプレーを掛けた時に滲んでしまった笑 まぁいっか。)

中では多くの人が真剣に祈りを捧げている。

外見もなかなかの迫力。

オールドバガンには他にも至る所にパゴダがある。

どこをとっても絵になる。

絵葉書の売り子のお嬢さんが20分くらいしつこく売り込みかけてきた。笑

また明日ね〜って言って断ったけど、明日は学校だからいないって。

3ドルくらいだったし買ってあげても良かったな。

途中のパゴダにはこんな可愛らしい女の子が。

やはりタナカは欠かせない。

お土産屋のお嬢さん。この子は30分以上かけて売り込んできた。笑

根気に負けて鈴の飾りを購入。確か5ドルくらい。

その後も観光を継続。

オールドバガンのほとんどの見所は徒歩で午前中で廻ることができた。

そして昼ごろに博物館の前のレストランで鈴木さんと待ち合わせ。

軽く昼食をとる。もちろんビールも。

私の宿のドライバーに頼んで午後は2人で近郊の見所を廻る。

まずは「シュエズィーゴンパゴダ」へ。

ここの仏像に金箔を貼るとご利益があるとのことでやってみる。

金箔を売ってくれた女の子も良い笑顔だった。

名前忘れたけど次の見所へ。

ここの出入り口はいくつかあるが、どれもかなり似ていたので、鈴木さんが間違って違う出口へ行ってしまい、しばらく待っていた。

次の場所では何やら大きな金色の器に多くの人がお金を入れていた。

多分これもご利益があるということだろうと思い、とりあえずやってみた。

次はけっこう開けた場所にあるパゴダ。

ここでも可愛らしい笑顔がたくさんみられた。

ここにも絵葉書の売り子の女の子がいた。

この子はこの旅でもっとも根気強く売り込みをかけてきた。観光中40分くらいずーっと付いてきた。ただ売り込みもそこまでゴリ押しではなく、終始笑顔で他にもいろいろな話が出来てとても楽しかった。あとで考えると絵葉書を買ってあげれば良かった。。。

だんだんと日没に近づいてきたので、夕陽を観るために「バガンビューイングタワー」へ。展望台へは5ドルかかる。

ここは添乗員同行ツアーにも組み込まれているらしく、多くの観光客で混み合っていた。良い場所を確保するには早めに行った方が良いだろう。

ここに来る途中で買ったビールで鈴木さんと乾杯。

素晴らしい景色とキンキンに冷えたビール。

これを最高と言わずして何が最高だろうか。

たっぷりと夕陽を堪能した後、私は事前に旅友募集サイトで知り合った別の方と夕食をとる予定になっていたので、鈴木さんも一緒にどうかと誘ってみたが、行かないとのことだったので、その方と夕食をとった。

大晦日ということでカウントダウンイベント等あるのか調べたが、あまり情報は無かった。それぞれの宿で個別に行っているところはある模様。

とりあえず22時ごろに一度宿に戻ってカウントダウンまで少し休息。。。

と思ったら気付いたら既に日付が変わっていた笑

そんな感じで2019年が終わったが、最後の日もとても充実した思い出深い1日となった。

2020年も素晴らしい一年となることを願う!

ABOUT ME
アバター
chatran
旅を愛する30代の外資系サラリーマン。 世界中を旅するのが夢です。 自由に生きるため、日々投資も勉強中です。