2017.08.11-2017.08.20 キューバ・メキシコ(カンクン)・アメリカ西海岸(LA)② ハバナ

2017.08.12

早朝にカンクン到着。

乗り継ぎの時間が結構あるので行けたらダウンタウンまで行こうかーと言っていたんだけど、ターミナル間の移動があったりして無理でした。

朝ごはんは空港内で。
タコスとスープ。

機内食とジャンクフードしか食べていなかったので、とても美味しかった。
特にスープ。
キューバの後のメキシコ、料理に期待です。

カンクンからAEROMEXICOでやっとこハバナへ。

空港は思いのほか普通な印象。
女性空港職員の網タイツ率が高かった。えろい。

とりあえず空港で両替。
円から両替できるのは空港を出てすぐの所にある両替所のみ。
めっちゃ混んでいる。
なのに窓口が基本1ヶ所しか稼働していない。

そして謎の子持ちファースト制度。
子連れの人は優先で、並ばずに両替窓口へ行けるっぽい。なんだそれ!
あと4組くらいのところで子持ち続いて進まなくなったわ!

たぶん3時間くらい待ちましたが無事に両替完了。
空港での両替にはめちゃくちゃ時間がかかるのでご注意を。

ちなみにキューバの通貨のペソには人民ペソ(CUP)と兌換ペソ(CUC)の2種類があります。
キューバ国民が使用しているのは人民ペソで、この人民ペソへの両替は街中でやってください、とのこと。
基本的にツーリストが使うのは兌換ペソの方ですが、人民ペソも使うことができます。

1CUCは1ドルと常に同じくらいになるように調整されている模様。

CUPとCUCの細かい違いについては・・・まぁググってください。(笑)

タクシーで旧市街まで向かいます。
30CUCでした。結構高い。(1CUC=110円くらい)

一応事前に電話で予約していたCASAへ。
キューバではCASAという、民泊のような宿が主流。
ただし、キューバではインターネットがあまり普及していないため、事前に予約が取れるところは少ないです。

日本人宿として有名なカピトリオハウス。
電話予約はしていたものの、相手が英語もわかっているか微妙な感じだったので本当に予約できているのかねーって言ってたんだけど、案の定予約取れていませんでしたww
まぁそんなもんだよねww

カピトリオハウスは「ホアキナさんの家」とも言われています。

カピトリオハウスのオーナーさんにお友達のCASAを紹介してもらい。そちらへ泊まることになりました。
CASAは街中にたくさんあるので、事前に宿を決めていなくても泊まる場所には困らないと思います。

ベッドも大きく、冷房もついていて、共同のシャワーとトイレもなかなか綺麗。
ここに決定!
よろしくお願いしまーす。

荷物を置いて早速街歩きへ。
とりあえずお酒を飲みたい。
小説家のヘミングウェイも通った「Floridita 」でダイキリを!

ポーズを決めるドアマン。

めっちゃ混んでるーどうやって注文すんのこれ。

どうやらお酒を作っているバーテンさん(ひとり)に直接注文するみたい。
バーテンさん仕事多すぎでしょ。大変だなぁ。

席の確保が大変です。隙を見て座りましょう。

グイグイ飲めてしまう美味しいダイキリ!

セクシーお姉さんたちの生演奏もあり。

早速音楽のレベルの高さに驚かされる。
国民性?
キューバ恐るべし。

カウンターの奥にはヘミングウェイの銅像もあります。

そしてぶらり街歩き。

カラフルで、ちょっと古いのがまた良い感じ。

大体のクラシックカーはタクシー。


クラシックカー以外の普通の車も結構多いです。

サトウキビジュースとか、ラムのサトウキビ割を外で売っていました。
ラム割りでも100円くらい。
美味しいんだこれが!

注文したらサトウキビを手動の機械で絞ってジュース状に。
おっさんラム酒入れまくっていたからなかなかの濃さ。

このお店の構えていたレストランでもライブ。
レベル高い。

夜ごはんは「Dona Eutimia」というレストランで。
お店はほぼ満席。

キューバリブレと、もういっこラムのカクテルを。


料理はオススメを聞いて牛肉とラムを1つずつ。

バナナを揚げたやつが添えられていて、サラダとご飯とスープ付き。
スープが黒豆のスープで、見た目は完全にあんこ。おしるこ。
事前にガイドブックで見て、ご飯にかけて食べるとか書いてあり、そんなの絶対まずいやつじゃーん!とバカにしていました。
実際運ばれてきても「まずそー!」と。(失礼)

しかしこれ、かなりおいしいんですww
ご飯に合うwwカレーみたいww

メインの肉より美味しかった。(肉もまぁまぁ美味しかったです)

食事後は「La Bodeguita del Medio」へ。

こちらもヘミングウェイの通った、モヒートの有名なお店。

狭い店内に人人人。
オールスタンディングでごった返している。

カウンターのバーテンダーがひたすらモヒートを作っています。

私は日本で飲む居酒屋のモヒートはあまり好みではなかったので、まぁキューバでも1回飲めればいいかなーくらいだったのですが、これがとても美味い。
砂糖のシャリシャリ感がなんだかいい。ミントもたっぷり。
ちゃんとしたバーで飲むモヒートは違うんですね。

そしてこのお店でもライブをやっていたのですが、ここの音楽が本当に好みだった!
CD売っていたので、買えばよかったと後悔。

店内にいる、色んな人と交流できました。
中国とキューバのハーフで、ハバナ在住の絵描き(多分)さんに書いてもらった似顔絵がすっげー悪意のある顔で面白かったり。笑

陽気なキューバ人やメキシコ人だったり。

店の外で踊りだすお客さん達。様になるわー!こんな風にかっこよく年を取りたいものですね!

事前の情報だと、街中やお店では高確率で「チーノ(中国人)」と呼ばれるとのことでしたが、実際はかなりの高確率で「ハポン(日本人)」と言われました。これは意外。
向こうの人、アジア人の顔の違いなんかわかるのかなぁ?それとも日本人観光客が増えているから?最初からハポンと言われるとちょっと嬉しいですね!

夜のハバナは結構賑やか。

ライトアップが綺麗ですね。

この日は早めにカサへ帰りました。
なんせ日本を出てからちゃんと布団で寝ていない。疲労感が凄い。

でも、CASAのテラスでちょっとだけビール。

シャワーは予想通りの弱い水圧。そして予想通りお湯も出ませんでした。まぁ仕方ない。

明日は新市街、旧市街、キャバレーへ行きます!

ABOUT ME
アバター
chatran
旅を愛する30代の外資系サラリーマン。 世界中を旅するのが夢です。 自由に生きるため、日々投資も勉強中です。