2017.12.29-2018.01.04 ラオス③ ルアンパバーン

2017/12/31

おはようございます。
5時起床です。

ルアンパバーン名物の托鉢を見るために早起き。まだ真っ暗。

ゲストハウスの人に、観光客がほとんどいない托鉢ポイントを教えてもらいました。
向かってみたけれども誰もいない…本当にここでやるの?ってくらい人がいない。

ゲストハウスの人の話だと、「右と左それぞれのお寺からお坊さんが来てクロスするんだ!」とのことだけど、今のところそんな様子もなし。
というかお坊さん来る気配なし。

しばらく突っ立ってたら、観光客にカオニャオ(托鉢用の)を売りつけているおばさんがいて、カオニャオ購入。

後で知ったけどあまり観光客が参加するのは良くないみたいですね。
すみません。参加しちゃいました。

それから少ししたら一般の方がゴザと椅子を持って集まってきました。

便乗して座っていると遠くからお坊さんが!

早い!お坊さん歩くの早い!
通り過ぎるのも早い!

カオニャオをつまんでお供えするんだけど、流れ作業でとても忙しかった。
お供えしている方々は皆様慣れた様子。
毎日やるんだもんね。

カオニャオあっという間になくなりました。
米の入っていた籠はお持ち帰り。(玄関のオシャレな飾りになりました)

お坊さんを追いかけてみると、なんと向かいからもお坊さんが来るではありませんか!

これがクロスするってやつか!

結局この日しか托鉢を見なかったので観光客のたくさんいる托鉢の様子はわかりませんが、現地の人の生活を垣間見れた気がしました。

すでに賑わっている朝市を通りながらゲストハウスに戻ります。

ゲストハウスに戻って朝ごはん。
テラスでみんなでいただきます。

フランスの植民地だったということもあり、ラオスはパンが美味しいとの情報でしたが、本当に美味しい!レベル高いですよ。
ヌードルスープも作ってくれて豪華な朝食。

これがまた絶品。

今日は午後に滝と象のツアーがあるので、午前中に街をぶらり。
昨日ナイトマーケットで買ったラオスっぽい?パンツ(ラオパンと命名)を履いちゃうよー。

履き心地良すぎ。
軽いし涼しいし、とにかくらくちん。
何よりデザインが可愛すぎますよね。
色も青と緑の中間色がオシャレすぎる。

ちなみにこの写真の橋は有料。(5,000kip)
橋の向こうにはちょっとのレストランと雑貨屋。
そこを抜けると田舎ゾーン。

マッサージはビエンチャンにとっておくつもりだったけど、ルアンパバーンでもやることに。
フットマッサージと悩んだけれど、ラオス式マッサージにしました。
タイ式との違いはよくわからず。(笑)
脚は気持ち良いけど腕は痛い!

さてと、早めのランチです。
歩いていてなんとなく見つけた「Cafe Croissant d’or」へ。
外の席でいただきます。

オラームというルアンパバーンのスープと、ラープを。 オラームは鶏肉(お肉は牛や豚も選択可)と、色々な野菜で具沢山。
ハーブも入っているので複雑な味ですが、そんなにクセは感じないです。
結構濃い味。

そして初ラープ!香草が効いてて美味しいね!
ここのお店はカオニャオがなかったので普通のご飯です。
カオニャオ食べたい。

ゲストハウスに戻り、お迎えの車に乗ってまずはエレファントライディングに。

最初は象の餌やりでスキンシップ。
めっちゃ食う。
催促激しい。

ここにいるのは皆んなメスの象だって。
オスより性格が荒くないそうで、乗るのに適しているとか。

そして乗ります。
結構揺れるんですよねー。

途中うんこしたり、他の象よりサボり気味だったけど、最後まで乗せてくれてありがとう。

ライディング後は子象の水浴びタイム。
ホースで水をかけてあげますー。

飼育員さんから鼻に水をあげろとの指示。
従うと…水しぶき攻撃!!(しかも激しい)


なんというエンターテイメント。
すっごい盛り上がった。

象さん満喫した後はクアンシーの滝を目指します。

入場料(ツアーに込み)を支払って公園内へ。
いきなり滝!ってわけではなく、自然公園の中を進んでいく。

途中で熊ゾーンがあります。
見てよこのぐーたら熊。

恐怖を感じるこんな奴も、たくさんいた。
怖いよ。

進んでいくと、滝!!

絵の具を垂らしたような綺麗な水色。

泳ぐ気満々でいたのですが、この日は結構寒い。
あ、泳いでいる人もいましたよ。
でも勇気を出して飛び込み台っぽくなっている木から1回転ダイブしました。

綺麗に回れてた。

満喫したところでゲストハウスへ戻ります。
すれ違うトゥクトゥクに乗っているこどもに手を振ると絶対に振り返してくれる!かわいい!
大晦日だからか、音楽大音量で流しながら親戚一同(多分)が集まって外でご飯食べたりしていました。

今日の夜ごはんは屋台で串ものかなーと考えていたのだけれど、ゲストハウスの近くのメコン川沿いに屋外バーベキュー場を発見。
ラオスで最近流行っている?らしい、ラオス風焼肉「シンダート」のお店でした。

シンダート気になってたんだよねー。
鉄板の上で肉を焼き、その肉汁とだし汁で野菜などを茹でて食べる焼肉兼鍋。
具材は取り放題のお店が多いらしく、ここもそうでした。
夜ごはんはここに決定!
屋台を少しブラブラしたら戻ってこよーう。

屋台ぶらりの前にお目当てのものをひとつ。

生ビアラオ!!

「Coconut Garden」というちょっとおしゃれなお店にて。
生ビールだけ飲みに。
なかなか安いお店だと生ビールないので・・・。
やっぱり生は美味い。(気がする)

本日のナイトマーケットでのお目当ては灯篭。
ゲストハウスにお坊さんシルエットの灯篭が置いてあり、欲しくなってしまいました。

絵柄は手書きなのでひとつひとつ微妙に異なります。
好みのものを探してゲットです。


確か40,000kip。これは自宅用に。
折り畳めるので持ち運びも問題なし。

お買い物済ませて先ほどの川沿いのバーベキュー場に行ってみると、さっき見たときは人が全然いなかったのに満席かってくらい賑わっていました。
なんとか席を確保できて、ビアラオを注文。
あとはセルフ。

肉と野菜ときのこ!
他にも春巻きとか、焼かないで食べられる一品メニューや麺もあります。
取り放題食べ放題でひとり60,000kip。(時間無制限)

野菜が豊富なのが嬉しい!
ラオスでこんなに野菜が食べられるなんて思ってもいなかった!

お肉もたくさん食べたけれども、野菜も一緒に食べたのでお腹すっきり感。
時間無制限なので3時間以上居座りました。
時間も潰せてありがたい。

完全屋外だけど、トイレとかあったのかなぁ?
我々はゲストハウスが近いのでゲストハウスに戻ってトイレに行っていました。(笑)

お腹いっぱいになり、先にゲストハウスでシャワー浴びていつでも寝られる準備。
そしてカウントダウンの時間に合わせて広場へ。

ステージ上でラオスソングを歌うお姉さま。

そしてお偉いさんのお言葉。(ラオス語なので解読不能)


そしてそしてカウントダウン!

小さいけど花火も!(写真失敗)

その後もDJとか出てきて、イケイケの音楽で盛り上がっていました。
思っていたより立派なカウントダウンイベントでした。(笑)

甘いものが食べたくなり、屋台でピーナッツバター味のロティ(クレープ)を。
年明け初ご飯。

タイでも食べたチョコバナナロティも美味しかったけど、これも正解!
生地はパリパリかと思いきやかなりもちもち。
甘さ控えめのピーナッツバターが美味しかったです。

明日は初日の出を見に行くので、夜更かしせずにおやすみなさい。

ABOUT ME
アバター
chatran
旅を愛する30代の外資系サラリーマン。 世界中を旅するのが夢です。 自由に生きるため、日々投資も勉強中です。