2017.12.29-2018.01.04 ラオス④ ルアンパバーン ヴィエンチャン

2018/01/01

改めまして、明けましておめでとうございます。

初日の出を見にプーシーの丘へ。
夕日の時は入場料とられたけど、朝早いせいか誰もいなかったのでそのまま通過。

すでに丘の上には数名いましたが人は少なめ。
その後少しずつ増えてきました。

最初いい感じだったんだけど、ここぞってところで雲が出てきてしまって初日の出見られず!残念!

山の奥にあるであろう太陽。
想像力で見る初日の出です。

丘の上に着いてから1時間以上待ったのですが、連れは寒さで途中でお腹が痛くなり、そわそわしてましたがなんとか乗り切りました。(笑)

ゲストハウスに戻って朝ごはんをいただき、近くの朝市をブラリ。

朝ごはん食べたけれどもルアンパバーンで食べ残したものを食べに。
それは…カオソーイ!

朝市に面したお店1個注文してシェアしました。
15,000kipとお手頃価格。

別皿で生野菜がこんなにたっぷり。
カオソーイにトッピングします。


ほんとラオスの人って野菜好きですね!
こんなに青々としたいろんな種類の野菜を食べることができて嬉しいです。

肝心のカオソーイの味はというと、絶品!!!
なんで初日に食べなかったんだって後悔した!!!
毎日食べればよかった!!!

肉味噌がとても良いアクセントで、麺も美味しいし、スープも美味しいし、野菜入れて美味しいし、安いし。
これは食べたら絶対ハマりますよ。

ビエンチャンでも食べたいけど、残念ながらカオソーイは北部がメインなので、南部のビエンチャンにはないそうです…。
残念だけど、ルアンパバーンの最後に美味しいものが食べられて満足。
というかラオス飯全部美味しい。

最後に少し街歩き。
メコン川を渡る船を眺めます。

地元の学生さん。


1番左の女の子のスカートはラオスの民族衣装らしく、露店でもたくさん売られていました。
とても素敵な柄の巻きスカートです。

さてさて、お昼の便でルアンパバーンからビエンチャンまで、飛行機移動です。
さよならルアンパバーン!

さてさて、ラオスの首都であるビエンチャンはどんなところなのでしょうか。
とりあえず降り立った空港は都会の雰囲気を感じられません。(笑)

タクシーでゲストハウスに向かいます。
ここでルアンパバーンとの違いがひとつ。
「信号がある」
ルアンパバーンではなかったですね。
ビエンチャンは道路が広く綺麗で、車線も多いです。

2泊するビエンチャンのゲストハウスもとても綺麗。

無駄にロフトがある。

シャワーとトイレが劇近なので、普段の感じで浴びるとトイレ水浸しになりますので注意。(しゃがんで浴びた)

とりあえず腹ごしらえ!遅めのランチ!お腹空いた!
あらかじめ調べていたお店に行ってみたらお昼休みのようで開いていなかったです。残念。
ゲストハウスの人おすすめのラオキッチンに行ってみるも休み…年始だから?

ルアンパバーンよりレストラン少ない気がするなぁ。
結構閑散とした街並み。
お腹空いたよう。
とりあえずラオキッチンの向かいにあるお店が賑わっていたのでそこに入ることに。

「Noy’s Fruit Heaven」というお店。観光客向けな雰囲気です。

ラオス料理ありました、良かった。

とりあえずビアラオとラープと、まだ食べていなかったカオニャオを。

念願のカオニャオはどうかなー。

う、うますぎるー!
もち米うまっ!!

この店のラープの味付けがどストライク。
野菜もてんこもり。


ラオスで3回食べたけどここのが1番美味かった。

もち米こねこねしてラープと食べるの、最高。
うますぎてついついカオニャオをおかわりしてしまいました。
日本ではお米控えめにしているけど旅行中だからいいか。

後々調べたら、フルーツシェイクが人気のお店のようでした。
飲んでないです。

食べ終わりまして、マッサージ店を探しにブラリ歩きます。

街中を歩いていて気になるのがこれ。

電線。
やばくないかい?これは大丈夫なのか?
街中の電線のほとんどがこんな感じでしたよ。
もう何が何やら。

結構歩き、良い感じのお店を見つけたのでこちらで全身マッサージをお願いしました。

「Dalany Mixay Salon」
川沿いのマーケットから少し入った道沿いにあります。
1階は美容室で、2階がマッサージです。

お店の中が薄暗くて良い匂い。癒される〜。
すごく混んでいるので人気のお店なのでしょうか。
お店は綺麗で清潔なのに、料金は他のマッサージ店と大差ないです。
施術後のお茶も香ばしくて美味でした。

店番をしていた男性、普段は別のお仕事(コンピューター系?)をされていて、この日は奥さんが不在なのでお店にいたそうなのですが、なんと日本の神戸大学に留学経験があるとのこと。
日本語もお上手!

施術後、すっかり日は沈んでいたので、メコン川沿いの夕日鑑賞は明日にお預け〜。
川沿いにはマーケットが出ているので覗いてみました。

ルアンパバーンのマーケットとは異なり、現地の人の日用品がメイン。
売られているのは普通の洋服や、携帯電話、時計など様々です。
逆に観光客向けの象さんパンツとかはほとんどないです。
買い足したかったんだけどなぁ。

マーケットを抜けて川沿いを更に歩くと屋外レストランがいくつか出ていたので、今日の夜ごはんはここで。
とは言ってもランチが遅かったのでビール飲んでつまむだけー。

つまみはベーコンの網焼き!
炭火で焼かれている姿がそそるよ。(写真はカット後)


味付けもシンプルで良い!
ほんと何食べても美味しいなラオス。

量が多くて食べ切らなかったので、お持ち帰り容器に入れてもらいました。
ゲストハウスのテラスで飲みながらつまむことに。

結構遠くまで来てしまったのでトゥクトゥクで帰ろうと思い交渉するも、高い金額ふっかけられたので歩いて戻ります。
結構遠いけど。

戻る途中でもよおす尿意。
最近尿意トラブル多いな。
歳かな。飲みすぎかな。
まぁ間に合いましたけどね。

帰り途中で買ったビアラオと、残りのベーコンで乾杯。
ああ美味しい。

明日はブッタパークに行きまーす。

ABOUT ME
アバター
chatran
旅を愛する30代の外資系サラリーマン。 世界中を旅するのが夢です。 自由に生きるため、日々投資も勉強中です。