2018.03.09-2018.03.19 ペルー・ボリビア③ マチュピチュ

2018.03.11

本日の午前中は「オリャンタイタンボ遺跡」を見学。

急な斜面には段々畑。

畑の脇の階段を登ります。

上に行くとこの景色。
天気が良くて気持ち良い。

上から見下ろす段々畑もまた素晴らしい。

遺跡見学後、オリャンタイタンボ駅からマチュピチュ行きの列車に乗ります。
マチュピチュには空港がないため、列車でのアクセスが一般的。
2社が運行しており、今回はペルーレイルを利用です。
持ち込みできる荷物に制限があるのでご注意を。

電車までの道のりはかなり混雑。

こちらの列車に乗ります。
もちろん値段によって席も異なります。

世界の車窓から。って感じ。


窓が大きいので景色が良く見えます。

雪山が撮れるフォトポイントにて。

ちなみに軽食(パン)と飲み物付き。

オリャンタイタンボ駅からマチュピチュまでは約1時間半。
ゆっくりとしたスピードでマチュピチュへ到着。

着いて早々、早速マチュピチュ遺跡へと向かいます。

街中にあったカエルのゴミ箱が可愛い。

ちなみにこのマチュピチュ村、初代村長は「野内与吉」という日本人だそうですよ。

マチュピチュ村からバスに乗り、マチュピチュ遺跡の入口まで向かいます。
バスでかなりクネクネした道を進むので、揺れが激しいです。(でも爆睡。)

入場し、少し歩くと目の前に現れたのは…

これぞマチュピチュ遺跡!
ガイドブックで見た姿がそのまま目の前に。
あまりにもすぐ現れたからビックリした。(笑)

奥に見えるのはワイナピチュ。
ワイナピチュは明日登ります。

別のポイントから。

見事な段々畑。
ジャガイモとかトウモロコシを育てていたそうです。

ペルーはジャガイモの種類がものすごく多いみたいで、一般的にもよく食されています。
その数300種類以上だとか。
ペルーで毎食イモ食べている気がする。

こちらは「太陽の神殿」


見事な曲線の神殿。
神殿内には窓が2つあり、東の窓は冬至の朝、南の窓は夏至の朝に太陽が正確に差し込むといわれています。

神殿の下はお墓になっています。

こちらは「インティワタナ」日時計です。

歩いているとアンデスうさぎに遭遇!


しっぽが少し長いのが特徴のうざき。
全然動かないので写真撮り放題。
普段はあまり見られないみたいです。

後々調べたら、正確にはネズミの仲間みたい。

リャマと遺跡と山。

マチュピチュ遺跡内には小さな植物園があり、様々な植物が育てられていました。
これはコカ。

当時の人が作った方位磁石的な存在。

遠くから段々畑を見るとスケールが凄いです。

よく見るとこんな急斜面にリャマが。

遺跡散策中に少し雨が降ったので、今日も虹を見ることができました。
かなりくっきりハッキリ。


こんなに綺麗にU字になっている虹なんて久しぶりに見たかも!

結構歩き回りましたが、マチュピチュの標高は2,000m程度。
クスコよりもだいぶ低地なので、歩き回っても息苦しさは感じなかった。

帰りもバスで、マチュピチュ村まで戻ります。
疲れ果ててまた爆睡。
何度も窓に頭をぶつけては目が覚め、また寝て・・・の繰り返しで村に戻ります。

本日泊まるのはマチュピチュ村にある「El Mapi」というホテル。
夕食の時間まで少し空いたので、ホテル周辺をブラリ散策。

この左の黄色いの、インカコーラです。


色がすごい。

味はコーラとは全くの別物。
これも甘いです。

普通のコーラも、普通に売っています。

市場があったので入ってみたり。

ホテルの周辺はとにかく坂道。
傾斜もきつい。

ホテルへ戻ると夕食の時間。

クラフトビールをいただきました。
なかなか好みのテイスト!

前菜は「カウサ」


マッシュポテト、アボカド、鶏肉の混ざったソース?
これは個人的にヒット!
でも量が多い。前菜の量じゃない。
イモだからお腹いっぱいになるし。

メインは「ロモ・サルタード」


牛肉の野菜炒め的なもの。
味付けに醤油を使っているので、馴染みのある味付けです。

付け合わせのイモのおかげでお腹いっぱい。
毎日イモ尽くし。

ここのホテルにもウェルカムドリンクがあったので、食後にバーでいただきました。

ピスコサワー。
ほんと美味い。ハマりそう。

しかし、アルコール度数高いので部屋に戻ってヘロヘロです。

明日はワイナピチュ登山へ。

ABOUT ME
アバター
chatran
旅を愛する30代の外資系サラリーマン。 世界中を旅するのが夢です。 自由に生きるため、日々投資も勉強中です。