2017.04.28-2017.05.07 クロアチア・南イタリア④ アルベロベッロ マテーラ

2017/05/02

昨日のフェリー事件を乗り越え、朝起きると清々しい朝日が。

クロアチアの国旗もカッコいいね!いや〜ほんと間に合って良かったぁ。。。

船内で朝食を食べると程なくイタリアへ・・・!

女子が行ってみたい国ランキング1位のイタリア上陸。(私調べ)

今回はイタリアのバーリへ到着。
そこから鉄道の駅まで、旧市街を通りながら向かいます。

朝早いということもあり、街は静か。
特に見どころはない感じかなぁ。バーリは治安があまり良くないみたいなので人通りの少ない通りや夜中は注意。

Sud-est線に乗ってアルベロベッロを目指します。

到着後、予めコンタクトをとっていたホテルに荷物を預けます。(無料)
そしてアルベロベッロからマテーラへ向かうタクシーも呼んでもらうようにお願いし、アルベロベッロ街歩き開始。

トゥルッリ(白い家)がたくさん!かわいい!

アルベロベッロといえば・・・

そうです。ブッラータ(チーズ)ですね。

日本ではなかなかお目にかかれず。
あったとしても高い。

「Latte e Fieno」というチーズ専門店です。
営業時間は10:00-14:00と短いのでご注意を。

テイクアウトして外のベンチでいただきました。
もうクリーミーでやばい美味い。

たしか1個1ユーロとかすっごい安かった。

ちょっと高いけど日本でも買えます。

その後すぐにランチ。
「Ristorante Pizzeria Il Pinnacolo」というレストランでいただきました。

プーリア地方の名物、前菜盛り合わせ~!

写真かぶってるのもあるけど、これら全て前菜です。
多すぎだろ。(笑)
盛り合わせっつーか前菜コース。

いろんなもの色々つまめていいけど、2人だと前菜だけでお腹いっぱいになります。
もっと人数多いといいかも。

お腹いっぱいだけど、名物オレキエッテははずせない。

耳たぶの形をしているので耳たぶパスタって言われているらしい。
もちもちでした!

その後はひたすら街を散策。
小さい街なので半日もあれば充分ですね。

絶対ここでしか買えないであろう、トゥルッリのピアスを連れに購入。

夕方頃荷物を預けていたホテルに戻り、タクシーでマテーラを目指します。

タクシーの運転手さん、本業はレストランで、時々タクシーの運転手さんだとか。
とてもユーモア溢れるいい人で、マテーラの街を一望できるスポットがあるとのことで連れて行ってもらうことに。

セピア色~!!!
素晴らしすぎるこの景色!!!

晴れてなくて曇っているところもまた、この街の雰囲気にピッタリな気がするのは俺だけ?

街の向かい側の丘です。
ここは車じゃないと来れないですね。

おじさんたくさん写真撮ってくれた。
その度にくだらないジョークで笑わせてくれる。

しかし名前を聞くの忘れるという。w
知り合いが日本でプーリア地方料理のレストランをやっているとのことで、お店の名前教えてもらいました。
(食べログで結構点数高かった)
なので今度行ってみようと思います。

マテーラはですね、街歩きが大変!
足場ガタガタだし、アップダウンが激しい。
スーツケース持ってホテルまで行くの一苦労でした。

本日の宿泊は「Agli Archi Dimore Storiche」です。
部屋グレードアップしてくれてめっちゃ広い。

チェックインして再び街歩き。

だんだん日が暮れて、ライトアップされる街はこんな素敵な姿に。

日が落ちて真っ暗になる前の、少し薄明りのある中、オレンジや白のライトが灯っていくのが本当に素敵。
ずっと見ていても飽きない。

この景色はマテーラに泊まらなければ見ることができませんので、マテーラでの宿泊を全力でおすすめします!!

夜ごはんは宿のおじさんにおすすめされたレストランへ。
洞窟造りのオシャレなお店。

生ハム盛り合わせ(めっちゃ多い)と、キノコソテー(美味しい)、そしてリゾット(めっちゃ多い)で腹いっぱい。

キノコ美味しかった。

この街は迷路のようで、とにかく迷う。
ホテルに戻りたいのになかなか戻ることができなかった・・・。

明日は午前中マテーラを観光し、ソレントに向かいます♪

ABOUT ME
アバター
chatran
旅を愛する30代の外資系サラリーマン。 世界中を旅するのが夢です。 自由に生きるため、日々投資も勉強中です。